借金整理

【借金整理ナビ】債務整理で借金は片付く!【整理案内】

借金を片付けたいなら

お金が足りなくて返せない借金、いつ完済できるのか分からない借金。
あといくら変えせばいいのか分からない借金・・・返しても減らない借金・・・
今までいくら返したのか分からない借金・・・なんだか払いすぎている気がする・・・

 

借金を片付けたいなら、すっきりと整理してしまいましょう!

 

借金ナビ説明

返済しているのに、借金がほとんど減らないという方は、この利息分しか払えていない可能性が高いです。
これではいつまでたっても完済できません。

 

まず、借金整理・債務整理とは?
こちら、どちらも意味は同じです。債務とは「借金、または、お金を借りて返すという契約」のことをいいます。

 

つまり、借金整理とはそのまま、借金を片付けることをいいます。

 

より専門的な表現が債務整理となります。

 

 

では続いて債務整理の種類について説明します。

債務整理の種類

債務整理は大きく分けて、「任意整理、個人再生、自己破産」の3つあります。

 

細かくいうともう少し多いのですが、主なものはこの3つです。

 

 

任意整理(にんいせいり)

任意整理が出来る条件は、3〜5年の時間をかければ返済できる債務総額であること。
そして、返済期間にあたる年月も今と同様の収入が見込めること。

 

つまり返済する期間中も普通に働いているなら、可能です。

 

任意整理では毎月決められた返済額を期日までに納める分割返済が基本です。
返済総額は、当初の返済学から利息などを引いたものなので返済額が減ります!

 

減額されているとはいえ、返済されることになるので金融会社にとっても良い債務整理です。

 

 

個人再生(こじんさいせい)

個人再生は、借金の総額に応じて借金を大幅に減額する債務整理です。
減る割合は借りていた金額によって変化しますが最大10分の1まで減額され、あとは免除されます。

 

返済に充てられるお金が任意整理より少ないけれど、一部は返済できるときは個人再生になります。
ただし、収入など個人再生には条件があり、誰でもできるわけではありません。

 

通常債務整理には残っているローンも含まれるのですが、個人再生では住宅ローンを除いて整理することが可能です。
ですから、自宅が自分名義の場合個人再生をすれば、自宅を差し押さえられることなく借金を返していけます。

 

 

自己破産(じこはさん)

自己破産は、国が多重債務に苦しむ人のために定めた救済措置です。
必要最低限のお金や家財を残してあとは返済にあてます。

 

本人名義であれば家も土地も差し押さえの対象になります。
親や配偶者名義であれば家を出される心配はないです。

 

自己破産をすれば借金は一切なくなりますが、差し押さえられた家財道具などはなくなり、しばらく旅行に行けないなど生活に制限がかかるようになります。
家財や固定資産でも返せない借金は免除になります。

 

 

あと一つ、「特定調停」という裁判所を通して行う債務整理がありますが、メジャーなものは上記の3つです。

 

個々のページでは、どんな方に向いた債務整理であるかを紹介していきますので、そちらも併せてご覧ください。

 

債務整理を行うメリットとデメリット

債務整理のメリットは?

 

一番大きく影響してくるのは「借金が減る」ことです。債務整理を行うにあたり、これ以上のメリットはありません。
返済できずに困っている人が債務整理をしようとするのは、返済額が減ることで完済に近付くからです。債務整理は借金を減らすため、借金を無くすため
(返済仕切る)ために行います。

 

それまでの返済内容によっては、むしろお金が戻ってきたり、支払が免除されるというパターンもあるので、1人で悩まずまずは相談してみましょう。

 

 

また、貸金業者からの返済催促が止むというメリットがあります。
厳密にいうと、進捗状況はどうなっているのかという旨の連絡も法律事務所宛になるので、自分のもとに届くことがなくなります。
通知が来なくなってもまだ借金がなくなったわけでありませんか、これで気持ちがだいぶ楽になるでしょう。
その代わり、法律事務所との連絡を絶やさないようにしましょう。例え勤務中で出られなかったとしても、必ず折り返して連絡しましょう。
電話が無理なら、メールでの対応をお願いすれば、時間に縛られず連絡のやりとりをすることができますね。

 

 

債務整理のデメリットは?

 

こちら、債務整理が決定した時点で、そこから5年〜7年程度、最長10年間クレジットカードの新規契約、ローン(分割払い)の新規契約ができなくなります。
クレジットカードは、即時引き落としのデビットカードでしたら期間中でも作ることができるので、口座にお金を入れてデビットカードを利用すればカードでの買い物も出来ます。
ただ、支払いが先延ばしになる行為においては、一切行えません。
債務整理でカードが即止められるということもありませんが、遅くても更新手続きの時には絶対に止められます。

 

自己破産をした場合、生活がある程度制限されるため、勝手に旅行に行くなどはできなくなります。
また、自己破産は家財道具も一部差し押さえとなります。

 

 

生活は一時的に不自由になりますが、自己破産すれば返済が免除されます。

借金整理ナビでは

当サイトでは借金問題を解決するための方法をご紹介していきます。

 

一刻も早く完済したい、支払できなくてどうすればいいかわからない、返済額を払いすぎている気がする・・・など、の悩みや疑問を解決しましょう。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ